栄養バランスが整った糖尿病食|宅配してくれるサービス

おすすめの食品

食卓

腎臓病は腎臓機能が正常ではないということです。異常な状態から正常な状態に戻すのに効果的なものは薬物療法では食事療法です。適切な食品を食べると腎臓病は改善することができるのです。たとえば、パン、モチなどのたんぱく質を含む食べ物を過剰摂取しないことです。それというのも、多すぎるたんぱく質は体内に入ると、老廃物に変わってしまうからです。老廃物は腎臓が処理してくれますが、その量が増えると腎臓の負担が大きくなります。こうして腎臓の機能が低下して腎臓病になるのです。また、塩分の多い食べ物も控えましょう。一見多くなさそうなハムなどの加工食品にも多く含まれています。このように、避けるべき食品は控えることが重要です。

腎臓病の食事療法にはカロリー計算が欠かすことができません。実際に高カロリーの食事をしていると、腎臓病になりやすい傾向があります。カロリーを適量摂取することが重要であり、低カロリーであることが適切だというわけではありません。カロリーは人間のエネルギーのもとになりますので必要です。体内に存在するたんぱく質を壊して老廃物にすることもあるからです。意外に思われるかもしれませんが、糖質や脂質を多く含む食品を食卓の1品に添えることが効果的です。さらに、カリウムを含む食品もおすすめです。果物に多く含まれていて、キウイに最も多く含有されています。腎臓病にはむくみ、高血圧などの前兆が必ずありますので、その予防としても適切な食事を摂るようにしましょう。